大切な持ち家を守る|マンション1棟買いは空室リスクを減らせる投資方法

マンション1棟買いは空室リスクを減らせる投資方法

ウーマン

大切な持ち家を守る

部屋

期限を決めて家を貸す

持ち家を貸して家賃収入を得る事をリロケーションといいます。通常の賃貸と違う点は期限を決めて家を貸すところです。通常の賃貸だと借地借家法によって借主の権利が保護されている為、借主が借家から出ていくことに同意しなければ家を明け渡してもらうことはできません。借主がずっと住み続けたいと言えば、家を貸し続ける必要があります。しかしリロケーションの場合には期限を決めているので、契約期間が終了すれば速やかに借主に出ていってもらうことができます。自分がその家に再び住むこともできるし、また他の人に貸すこともできます。その為リロケーションは、転勤などで一時的に持ち家を離れなくてはいけなくなった人などに利用されています。

収入と防犯

リロケーションのメリットの1つは家賃収入が得られる事です。転勤で持ち家以外のところに住まなくてはいけなくなった場合、新しく家を借りて家賃を支払わなくてはいけなくなります。家賃補助をしてくれる会社もありますが、中には家賃と持ち家のローンを同時に支払わなくてはいけない人も出てきます。リロケーションで持ち家を貸すことで、ローンや固定資産税の支払いが楽になります。また家を空き家のままにしておくと泥棒に入られたり、家に火をつけられることもあります。誰かに住んでもらっていた方が、防犯対策になる上に換気なども定期的にしてもらえるので家が荒れるのを防げます。リロケーションをすると再び我が家に戻ってきた時にきれいな状態の家に住むことができるのです。