投資を始めるなら|マンション1棟買いは空室リスクを減らせる投資方法

マンション1棟買いは空室リスクを減らせる投資方法

ウーマン

投資を始めるなら

オペレーター

盤石な安心を得よう

投資スタイルの中でも不動産投資は比較的流動性が低いので、普段チャートをなかなか追えない方にも安心できる投資スタイルです。特にマンション経営やアパート経営は、年配の方でも挑戦しやすいと好評になっています。元々空き地などの土地を所有している方は相続問題を踏まえると、不動産投資を行い効率的に現金を獲得していくことは賢明なものです。しかし、近年は賃貸方法にも新しい風が吹き込んでいます。単身世帯の増加は年々増えており、中年期以降の単身世帯も増加しています。これは何を意味するか、というと入居時に身元の保証となる連帯保証人を得られない単身世帯も増加していると言えるのです。そこで、賃貸保証会社を介することで、家賃保証と身元保証の代理を担ってもらうことが人気となっています。

よりよい投資をするために

賃貸保証会社とは何か、というのもわからない人も多いかもしれません。それもそのはず、賃貸保証会社は割と新しいシステムです。簡潔に述べると、大家と入居者の間に入る「橋渡し」の業務を行っています、不動産会社が担っている事もあれば、独立した会社が行っていることもあります。物件の経営で一番多いトラブルは「賃料の遅延」と言われており、この回収は非常に負担に感じる部分です。しかし、第三者である賃貸保証会社が間に入ることで、この遅延を軽減することができます。なぜなら賃貸保証、ですからもしも遅延が発生した場合にこの第三者である会社が負担をしこちらに支払いをするからです。その分賃貸保証会社は回収を入居者に遂行します。こうしたシステムの活用で、より安心感のある投資が可能になるのです。